モデルHAM00162素材カシミヤ100%生地ふんわりやわらかくエアリーな質感の中薄ハイゲージニットシーズン秋冬色BLACK(ブラック)模様無地状態新品未使用参考価格33,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ その他のストールはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 マルチなシーンで活躍するカシミヤ中判ニットマフラー「HAM00162」男の服はすべて¨英国に還る¨と言われます。いまに続く服飾の基本は英国で生まれ、育まれ、 世界に伝播したという歴史があるからです。みなさんご存知のとおり、昨今のファッション界では クラシック回帰(ファッションの原点回帰)が叫ばれており、大きなトレンドになっています。 この流れはネックウェア業界にも押し寄せてきており、数年前に大流行した派手なストールは すっかり影を潜めてしまいました。それに代わって台頭してきたのが、英国紳士御用達の トラディショナルなネックウェア「マフラー」です。ここ数年はストールばかりでマフラーは 新調していなかったという人は、久々にマフラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。 ご紹介するのは、ESSENTIALS COLLECTION(エッセンシャルズ・コレクション)の ロングセラーモデルとして支持されている『GAUZY STOLE(HAM00162)』になります。 最高品質のカシミヤを紡いだ細番手糸を甘く編み上げたハイゲージニットマフラーは、 横幅が通常のニットマフラーの約2倍ある中判サイズですが、ふんわりやわらかく、 まるで空気のようにエアリーな質感になるので、自分好みのボリューム感に調節できます。 「マフラー以上、ストール未満」、そんなありそうでなかったハイゲージ中判ニットマフラーは、 カジュアルな雰囲気の中にもエレガンスを感じさせ、いつもの着こなしをお洒落に引き立てます。 ジャケットスタイル(スーツスタイル)にもばっちり合うのでオンオフ問わず大活躍してくれます。 ユニセックスなのでパートナーとシェアしてもOKです。プレゼントにも喜ばれると思います。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤマフラーは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤマフラーなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 ボリューム調節がしやすいエアリーな質感のハイゲージニットトップクオリティのカシミヤを原料にした細番手糸を甘く編み上げた(平編みにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させた中薄のハイゲージニットになります。 横幅が通常のニットマフラーの約2倍ありますが、巻いたときにボリューム感が出過ぎないように 細心の注意を払って厚みが調整されていることがポイントです。ふんわりしていてやわらかく、 まるで空気のようにエアリーな質感になるので、ボリュームの調節がすごくしやすいです。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかな肌触りで、濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 2プライ糸が使用されているため、やわらかいのに型崩れしにくいことも魅力です。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Size全長横幅18050※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 ※ ニット製品のためサイズに若干のバラつきがあります。予めご了承下さい。 (単位: cm)
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤハイゲージ中判ニットマフラー HAM00162 BLACK ブラック カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤハイゲージ中判ニットマフラー HAM00162 BLACK ブラック カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 20,000円


モデルHAM00162素材カシミヤ100%生地ふんわりやわらかくエアリーな質感の中薄ハイゲージニットシーズン秋冬色DRIFTWOOD(ライトブラウン)模様無地状態新品未使用参考価格33,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ その他のストールはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 マルチなシーンで活躍するカシミヤ中判ニットマフラー「HAM00162」男の服はすべて¨英国に還る¨と言われます。いまに続く服飾の基本は英国で生まれ、育まれ、 世界に伝播したという歴史があるからです。みなさんご存知のとおり、昨今のファッション界では クラシック回帰(ファッションの原点回帰)が叫ばれており、大きなトレンドになっています。 この流れはネックウェア業界にも押し寄せてきており、数年前に大流行した派手なストールは すっかり影を潜めてしまいました。それに代わって台頭してきたのが、英国紳士御用達の トラディショナルなネックウェア「マフラー」です。ここ数年はストールばかりでマフラーは 新調していなかったという人は、久々にマフラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。 ご紹介するのは、ESSENTIALS COLLECTION(エッセンシャルズ・コレクション)の ロングセラーモデルとして支持されている『GAUZY STOLE(HAM00162)』になります。 最高品質のカシミヤを紡いだ細番手糸を甘く編み上げたハイゲージニットマフラーは、 横幅が通常のニットマフラーの約2倍ある中判サイズですが、ふんわりやわらかく、 まるで空気のようにエアリーな質感になるので、自分好みのボリューム感に調節できます。 「マフラー以上、ストール未満」、そんなありそうでなかったハイゲージ中判ニットマフラーは、 カジュアルな雰囲気の中にもエレガンスを感じさせ、いつもの着こなしをお洒落に引き立てます。 ジャケットスタイル(スーツスタイル)にもばっちり合うのでオンオフ問わず大活躍してくれます。 ユニセックスなのでパートナーとシェアしてもOKです。プレゼントにも喜ばれると思います。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤマフラーは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤマフラーなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 ボリューム調節がしやすいエアリーな質感のハイゲージニットトップクオリティのカシミヤを原料にした細番手糸を甘く編み上げた(平編みにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させた中薄のハイゲージニットになります。 横幅が通常のニットマフラーの約2倍ありますが、巻いたときにボリューム感が出過ぎないように 細心の注意を払って厚みが調整されていることがポイントです。ふんわりしていてやわらかく、 まるで空気のようにエアリーな質感になるので、ボリュームの調節がすごくしやすいです。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかな肌触りで、濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 2プライ糸が使用されているため、やわらかいのに型崩れしにくいことも魅力です。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Size全長横幅18050※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 ※ ニット製品のためサイズに若干のバラつきがあります。予めご了承下さい。 (単位: cm)
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤハイゲージ中判ニットマフラー HAM00162 DRIFTWOOD ライトブラウン カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤハイゲージ中判ニットマフラー HAM00162 DRIFTWOOD ライトブラウン カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 20,000円


モデルHAM00162素材カシミヤ100%生地ふんわりやわらかくエアリーな質感の中薄ハイゲージニットシーズン秋冬色LIGHT GREY(ライトグレー)模様無地状態新品未使用参考価格33,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ その他のストールはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 マルチなシーンで活躍するカシミヤ中判ニットマフラー「HAM00162」男の服はすべて¨英国に還る¨と言われます。いまに続く服飾の基本は英国で生まれ、育まれ、 世界に伝播したという歴史があるからです。みなさんご存知のとおり、昨今のファッション界では クラシック回帰(ファッションの原点回帰)が叫ばれており、大きなトレンドになっています。 この流れはネックウェア業界にも押し寄せてきており、数年前に大流行した派手なストールは すっかり影を潜めてしまいました。それに代わって台頭してきたのが、英国紳士御用達の トラディショナルなネックウェア「マフラー」です。ここ数年はストールばかりでマフラーは 新調していなかったという人は、久々にマフラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。 ご紹介するのは、ESSENTIALS COLLECTION(エッセンシャルズ・コレクション)の ロングセラーモデルとして支持されている『GAUZY STOLE(HAM00162)』になります。 最高品質のカシミヤを紡いだ細番手糸を甘く編み上げたハイゲージニットマフラーは、 横幅が通常のニットマフラーの約2倍ある中判サイズですが、ふんわりやわらかく、 まるで空気のようにエアリーな質感になるので、自分好みのボリューム感に調節できます。 「マフラー以上、ストール未満」、そんなありそうでなかったハイゲージ中判ニットマフラーは、 カジュアルな雰囲気の中にもエレガンスを感じさせ、いつもの着こなしをお洒落に引き立てます。 ジャケットスタイル(スーツスタイル)にもばっちり合うのでオンオフ問わず大活躍してくれます。 ユニセックスなのでパートナーとシェアしてもOKです。プレゼントにも喜ばれると思います。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤマフラーは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤマフラーなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 ボリューム調節がしやすいエアリーな質感のハイゲージニットトップクオリティのカシミヤを原料にした細番手糸を甘く編み上げた(平編みにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させた中薄のハイゲージニットになります。 横幅が通常のニットマフラーの約2倍ありますが、巻いたときにボリューム感が出過ぎないように 細心の注意を払って厚みが調整されていることがポイントです。ふんわりしていてやわらかく、 まるで空気のようにエアリーな質感になるので、ボリュームの調節がすごくしやすいです。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかな肌触りで、濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 2プライ糸が使用されているため、やわらかいのに型崩れしにくいことも魅力です。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Size全長横幅18050※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 ※ ニット製品のためサイズに若干のバラつきがあります。予めご了承下さい。 (単位: cm)
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤハイゲージ中判ニットマフラー HAM00162 LIGHT GREY ライトグレー カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤハイゲージ中判ニットマフラー HAM00162 LIGHT GREY ライトグレー カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 20,000円


モデルHAM00162素材カシミヤ100%生地ふんわりやわらかくエアリーな質感の中薄ハイゲージニットシーズン秋冬色MID GREY(ミディアムグレー)模様無地状態新品未使用参考価格33,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ その他のストールはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 マルチなシーンで活躍するカシミヤ中判ニットマフラー「HAM00162」男の服はすべて¨英国に還る¨と言われます。いまに続く服飾の基本は英国で生まれ、育まれ、 世界に伝播したという歴史があるからです。みなさんご存知のとおり、昨今のファッション界では クラシック回帰(ファッションの原点回帰)が叫ばれており、大きなトレンドになっています。 この流れはネックウェア業界にも押し寄せてきており、数年前に大流行した派手なストールは すっかり影を潜めてしまいました。それに代わって台頭してきたのが、英国紳士御用達の トラディショナルなネックウェア「マフラー」です。ここ数年はストールばかりでマフラーは 新調していなかったという人は、久々にマフラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。 ご紹介するのは、ESSENTIALS COLLECTION(エッセンシャルズ・コレクション)の ロングセラーモデルとして支持されている『GAUZY STOLE(HAM00162)』になります。 最高品質のカシミヤを紡いだ細番手糸を甘く編み上げたハイゲージニットマフラーは、 横幅が通常のニットマフラーの約2倍ある中判サイズですが、ふんわりやわらかく、 まるで空気のようにエアリーな質感になるので、自分好みのボリューム感に調節できます。 「マフラー以上、ストール未満」、そんなありそうでなかったハイゲージ中判ニットマフラーは、 カジュアルな雰囲気の中にもエレガンスを感じさせ、いつもの着こなしをお洒落に引き立てます。 ジャケットスタイル(スーツスタイル)にもばっちり合うのでオンオフ問わず大活躍してくれます。 ユニセックスなのでパートナーとシェアしてもOKです。プレゼントにも喜ばれると思います。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤマフラーは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤマフラーなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 ボリューム調節がしやすいエアリーな質感のハイゲージニットトップクオリティのカシミヤを原料にした細番手糸を甘く編み上げた(平編みにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させた中薄のハイゲージニットになります。 横幅が通常のニットマフラーの約2倍ありますが、巻いたときにボリューム感が出過ぎないように 細心の注意を払って厚みが調整されていることがポイントです。ふんわりしていてやわらかく、 まるで空気のようにエアリーな質感になるので、ボリュームの調節がすごくしやすいです。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかな肌触りで、濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 2プライ糸が使用されているため、やわらかいのに型崩れしにくいことも魅力です。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Size全長横幅18050※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 ※ ニット製品のためサイズに若干のバラつきがあります。予めご了承下さい。 (単位: cm)
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤハイゲージ中判ニットマフラー HAM00162 MID GREY ミディアムグレー カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤハイゲージ中判ニットマフラー HAM00162 MID GREY ミディアムグレー カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 20,000円


モデルHAM00162素材カシミヤ100%生地ふんわりやわらかくエアリーな質感の中薄ハイゲージニットシーズン秋冬色NAVY(ネイビー)模様無地状態新品未使用参考価格33,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ その他のストールはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 マルチなシーンで活躍するカシミヤ中判ニットマフラー「HAM00162」男の服はすべて¨英国に還る¨と言われます。いまに続く服飾の基本は英国で生まれ、育まれ、 世界に伝播したという歴史があるからです。みなさんご存知のとおり、昨今のファッション界では クラシック回帰(ファッションの原点回帰)が叫ばれており、大きなトレンドになっています。 この流れはネックウェア業界にも押し寄せてきており、数年前に大流行した派手なストールは すっかり影を潜めてしまいました。それに代わって台頭してきたのが、英国紳士御用達の トラディショナルなネックウェア「マフラー」です。ここ数年はストールばかりでマフラーは 新調していなかったという人は、久々にマフラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。 ご紹介するのは、ESSENTIALS COLLECTION(エッセンシャルズ・コレクション)の ロングセラーモデルとして支持されている『GAUZY STOLE(HAM00162)』になります。 最高品質のカシミヤを紡いだ細番手糸を甘く編み上げたハイゲージニットマフラーは、 横幅が通常のニットマフラーの約2倍ある中判サイズですが、ふんわりやわらかく、 まるで空気のようにエアリーな質感になるので、自分好みのボリューム感に調節できます。 「マフラー以上、ストール未満」、そんなありそうでなかったハイゲージ中判ニットマフラーは、 カジュアルな雰囲気の中にもエレガンスを感じさせ、いつもの着こなしをお洒落に引き立てます。 ジャケットスタイル(スーツスタイル)にもばっちり合うのでオンオフ問わず大活躍してくれます。 ユニセックスなのでパートナーとシェアしてもOKです。プレゼントにも喜ばれると思います。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤマフラーは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤマフラーなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 ボリューム調節がしやすいエアリーな質感のハイゲージニットトップクオリティのカシミヤを原料にした細番手糸を甘く編み上げた(平編みにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させた中薄のハイゲージニットになります。 横幅が通常のニットマフラーの約2倍ありますが、巻いたときにボリューム感が出過ぎないように 細心の注意を払って厚みが調整されていることがポイントです。ふんわりしていてやわらかく、 まるで空気のようにエアリーな質感になるので、ボリュームの調節がすごくしやすいです。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかな肌触りで、濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 2プライ糸が使用されているため、やわらかいのに型崩れしにくいことも魅力です。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Size全長横幅18050※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 ※ ニット製品のためサイズに若干のバラつきがあります。予めご了承下さい。 (単位: cm)
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤハイゲージ中判ニットマフラー HAM00162 NAVY ネイビー カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤハイゲージ中判ニットマフラー HAM00162 NAVY ネイビー カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 20,000円


モデルWA000020素材カシミヤ100%生地繊細な起毛感でヌメリのある厚手カシミヤフェルトシーズン秋冬色表面:BLUE WITH TEAL & GINGER(ブルーグレー基調) 裏面:ネイビー×ティールグリーン模様表面:チェック 裏面:ウィンドーペーン状態新品未使用参考価格32,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ その他のストールはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 伝統と現代のトレンドを融合したカシミヤリバーシブルマフラー「WA000020」男の服はすべて¨英国に還る¨と言われます。いまに続く服飾の基本は英国で生まれ、育まれ、 世界に伝播したという歴史があるからです。みなさんご存知のとおり、昨今のファッション界では クラシック回帰(ファッションの原点回帰)が叫ばれており、大きなトレンドになっています。 この流れはネックウェア業界にも押し寄せてきており、数年前に大流行した派手なストールは すっかり影を潜めてしまいました。それに代わって台頭してきたのが、英国紳士御用達の トラディショナルなネックウェア「マフラー」です。ここ数年はストールばかりでマフラーは 新調していなかったという人は、久々にマフラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。 そこでお勧めなのが、英国王室御用達のジョンストンズが作る『カシミヤマフラー』です。 いかにも英国紳士が好みそうなトラディショナルなフリンジマフラーなのですが、最高級獣毛、 つまり、繊維の宝石と言われるカシミヤ素材を使用することで、英国王室御用達の栄誉に恥じぬ、 大人に相応しい高級感のある仕上がりになっています。最高品質であるのはもちろんのこと、 伝統に現代のトレンドを融合させたテキスタイルデザインも素晴らしく、オンオフ問わず スタイリッシュに身に付けることができます。流行に左右されない定番アイテムなだけに、 ケアさえ怠らなければ、5年、10年と末永く付き合っていくことができます。 紳士用のフリンジマフラーですが、よくある定番のソリッドマフラーではありません。 ロングセラーとして高い人気を誇るWA000020は『リバーシブル(ダブルフェイス)』に なっていることが特徴で、シーズン毎に様々なデザインの新作がリリースされます。 こちらの品は、表面が「チェック」、裏面が「ウィンドーペーン」になっています。 柄×柄の組合せですが、両面とも落ち着いたトーンでまとめられているので、 ランダムに巻いてもごちゃごちゃした感じになりません。その日の気分や着こなしに 合わせてどちらを表面にするか選んでもいいですし、あれこれ考えずに適当に巻いても お洒落に見えてしまう、なんとも面白味のあるリバーシブルマフラーです。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤマフラーは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤマフラーなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 しっかりした厚みがあって型崩れしないダブルフェイスフェルトトップクオリティのカシミヤを原料にした細番手糸を密に織り上げた(平織りにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させた、マフラーの定番フェルトです。 たっぷり原毛が使用されているので、しっかりとした厚みがあることがポイントです。 一般的なカシミヤマフラーとの違いは歴然、手にした瞬間に¨厚みの違い¨に驚きます。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかで、まるで濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 引っ掛け傷や毛玉が起こりにくいフェルトなので、手入れが楽チンなこともポイントです。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Size全長横幅17630※ 全長はフリンジを含めて計測した数値になります。本体全長は160cmになります。 ※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 (単位: cm)
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤリバーシブルマフラー WA000020 BLUE WITH TEAL & GINGER ブルーグレー基調×ネイビー カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤリバーシブルマフラー WA000020 BLUE WITH TEAL & GINGER ブルーグレー基調×ネイビー カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 19,300円


モデルWA000020素材カシミヤ100%生地繊細な起毛感でヌメリのある厚手カシミヤフェルトシーズン秋冬色表面:CHARCOAL WITH GREY & RED(チャコールグレー基調) 裏面:ミディアムグレー模様表面:ストライプ 裏面:ヘリンボーン状態新品未使用参考価格32,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ その他のストールはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 伝統と現代のトレンドを融合したカシミヤリバーシブルマフラー「WA000020」男の服はすべて¨英国に還る¨と言われます。いまに続く服飾の基本は英国で生まれ、育まれ、 世界に伝播したという歴史があるからです。みなさんご存知のとおり、昨今のファッション界では クラシック回帰(ファッションの原点回帰)が叫ばれており、大きなトレンドになっています。 この流れはネックウェア業界にも押し寄せてきており、数年前に大流行した派手なストールは すっかり影を潜めてしまいました。それに代わって台頭してきたのが、英国紳士御用達の トラディショナルなネックウェア「マフラー」です。ここ数年はストールばかりでマフラーは 新調していなかったという人は、久々にマフラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。 そこでお勧めなのが、英国王室御用達のジョンストンズが作る『カシミヤマフラー』です。 いかにも英国紳士が好みそうなトラディショナルなフリンジマフラーなのですが、最高級獣毛、 つまり、繊維の宝石と言われるカシミヤ素材を使用することで、英国王室御用達の栄誉に恥じぬ、 大人に相応しい高級感のある仕上がりになっています。最高品質であるのはもちろんのこと、 伝統に現代のトレンドを融合させたテキスタイルデザインも素晴らしく、オンオフ問わず スタイリッシュに身に付けることができます。流行に左右されない定番アイテムなだけに、 ケアさえ怠らなければ、5年、10年と末永く付き合っていくことができます。 紳士用のフリンジマフラーですが、よくある定番のソリッドマフラーではありません。 ロングセラーとして高い人気を誇るWA000020は『リバーシブル(ダブルフェイス)』に なっていることが特徴で、シーズン毎に様々なデザインの新作がリリースされます。 こちらの品は、表面が「ストライプ」、裏面が「ヘリンボーン」になっています。 柄×柄の組合せですが、両面とも落ち着いたトーンでまとめられているので、 ランダムに巻いてもごちゃごちゃした感じになりません。その日の気分や着こなしに 合わせてどちらを表面にするか選んでもいいですし、あれこれ考えずに適当に巻いても お洒落に見えてしまう、なんとも面白味のあるリバーシブルマフラーです。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤマフラーは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤマフラーなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 しっかりした厚みがあって型崩れしないダブルフェイスフェルトトップクオリティのカシミヤを原料にした細番手糸を密に織り上げた(平織りにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させた、マフラーの定番フェルトです。 たっぷり原毛が使用されているので、しっかりとした厚みがあることがポイントです。 一般的なカシミヤマフラーとの違いは歴然、手にした瞬間に¨厚みの違い¨に驚きます。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかで、まるで濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 引っ掛け傷や毛玉が起こりにくいフェルトなので、手入れが楽チンなこともポイントです。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Size全長横幅17630※ 全長はフリンジを含めて計測した数値になります。本体全長は160cmになります。 ※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 (単位: cm)
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤリバーシブルマフラー WA000020 CHARCOAL WITH GREY & RED チャコール基調×ミディアムグレー カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤリバーシブルマフラー WA000020 CHARCOAL WITH GREY & RED チャコール基調×ミディアムグレー カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番, —— 19,300円


モデルWA000020素材カシミヤ100%生地繊細な起毛感でヌメリのある厚手カシミヤフェルトシーズン秋冬色表面:CHARCOAL(チャコールグレー) 裏面:BLUE(ブルー)模様表面:無地 裏面:ヘリンボーン状態新品未使用参考価格32,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ その他のストールはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 伝統と現代のトレンドを融合したカシミヤリバーシブルマフラー「WA000020」男の服はすべて¨英国に還る¨と言われます。いまに続く服飾の基本は英国で生まれ、育まれ、 世界に伝播したという歴史があるからです。みなさんご存知のとおり、昨今のファッション界では クラシック回帰(ファッションの原点回帰)が叫ばれており、大きなトレンドになっています。 この流れはネックウェア業界にも押し寄せてきており、数年前に大流行した派手なストールは すっかり影を潜めてしまいました。それに代わって台頭してきたのが、英国紳士御用達の トラディショナルなネックウェア「マフラー」です。ここ数年はストールばかりでマフラーは 新調していなかったという人は、久々にマフラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。 そこでお勧めなのが、英国王室御用達のジョンストンズが作る『カシミヤマフラー』です。 いかにも英国紳士が好みそうなトラディショナルなフリンジマフラーなのですが、最高級獣毛、 つまり、繊維の宝石と言われるカシミヤ素材を使用することで、英国王室御用達の栄誉に恥じぬ、 大人に相応しい高級感のある仕上がりになっています。最高品質であるのはもちろんのこと、 伝統に現代のトレンドを融合させたテキスタイルデザインも素晴らしく、オンオフ問わず スタイリッシュに身に付けることができます。流行に左右されない定番アイテムなだけに、 ケアさえ怠らなければ、5年、10年と末永く付き合っていくことができます。 紳士用のフリンジマフラーですが、よくある定番のソリッドマフラーではありません。 ロングセラーとして高い人気を誇るWA000020は『リバーシブル(ダブルフェイス)』に なっていることが特徴で、シーズン毎に様々なデザインの新作がリリースされます。 こちらの品は、表面が「ソリッドカラー」、裏面が「ヘリンボーン」になっています。 無地×柄の組合せですが、両面とも落ち着いたトーンでまとめられているので、 ランダムに巻いてもごちゃごちゃした感じになりません。その日の気分や着こなしに 合わせてどちらを表面にするか選んでもいいですし、あれこれ考えずに適当に巻いても お洒落に見えてしまう、なんとも面白味のあるリバーシブルマフラーです。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤマフラーは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤマフラーなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 しっかりした厚みがあって型崩れしないダブルフェイスフェルトトップクオリティのカシミヤを原料にした細番手糸を密に織り上げた(平織りにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させた、マフラーの定番フェルトです。 たっぷり原毛が使用されているので、しっかりとした厚みがあることがポイントです。 一般的なカシミヤマフラーとの違いは歴然、手にした瞬間に¨厚みの違い¨に驚きます。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかで、まるで濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 引っ掛け傷や毛玉が起こりにくいフェルトなので、手入れが楽チンなこともポイントです。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Size全長横幅17630※ 全長はフリンジを含めて計測した数値になります。本体全長は160cmになります。 ※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 (単位: cm)
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤリバーシブルマフラー WA000020 CHARCOAL×BLUE チャコールグレー×ブルー カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤリバーシブルマフラー WA000020 CHARCOAL×BLUE チャコールグレー×ブルー カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 19,300円


モデルWA000020素材カシミヤ100%生地繊細な起毛感でヌメリのある厚手カシミヤフェルトシーズン秋冬色表面:CHARCOAL WITH RED & TEAL(チャコールグレー基調) 裏面:RED(ワインレッド)模様表面:チェック 裏面:無地状態新品未使用参考価格32,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ その他のストールはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 伝統と現代のトレンドを融合したカシミヤリバーシブルマフラー「WA000020」男の服はすべて¨英国に還る¨と言われます。いまに続く服飾の基本は英国で生まれ、育まれ、 世界に伝播したという歴史があるからです。みなさんご存知のとおり、昨今のファッション界では クラシック回帰(ファッションの原点回帰)が叫ばれており、大きなトレンドになっています。 この流れはネックウェア業界にも押し寄せてきており、数年前に大流行した派手なストールは すっかり影を潜めてしまいました。それに代わって台頭してきたのが、英国紳士御用達の トラディショナルなネックウェア「マフラー」です。ここ数年はストールばかりでマフラーは 新調していなかったという人は、久々にマフラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。 そこでお勧めなのが、英国王室御用達のジョンストンズが作る『カシミヤマフラー』です。 いかにも英国紳士が好みそうなトラディショナルなフリンジマフラーなのですが、最高級獣毛、 つまり、繊維の宝石と言われるカシミヤ素材を使用することで、英国王室御用達の栄誉に恥じぬ、 大人に相応しい高級感のある仕上がりになっています。最高品質であるのはもちろんのこと、 伝統に現代のトレンドを融合させたテキスタイルデザインも素晴らしく、オンオフ問わず スタイリッシュに身に付けることができます。流行に左右されない定番アイテムなだけに、 ケアさえ怠らなければ、5年、10年と末永く付き合っていくことができます。 紳士用のフリンジマフラーですが、よくある定番のソリッドマフラーではありません。 ロングセラーとして高い人気を誇るWA000020は『リバーシブル(ダブルフェイス)』に なっていることが特徴で、シーズン毎に様々なデザインの新作がリリースされます。 こちらの品は、表面が「チェック」、裏面が「ソリッドカラー」になっています。 柄×無地の組合せですが、両面とも落ち着いたトーンでまとめられているので、 ランダムに巻いてもごちゃごちゃした感じになりません。その日の気分や着こなしに 合わせてどちらを表面にするか選んでもいいですし、あれこれ考えずに適当に巻いても お洒落に見えてしまう、なんとも面白味のあるリバーシブルマフラーです。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤマフラーは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤマフラーなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 しっかりした厚みがあって型崩れしないダブルフェイスフェルトトップクオリティのカシミヤを原料にした細番手糸を密に織り上げた(平織りにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させた、マフラーの定番フェルトです。 たっぷり原毛が使用されているので、しっかりとした厚みがあることがポイントです。 一般的なカシミヤマフラーとの違いは歴然、手にした瞬間に¨厚みの違い¨に驚きます。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかで、まるで濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 引っ掛け傷や毛玉が起こりにくいフェルトなので、手入れが楽チンなこともポイントです。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Size全長横幅17630※ 全長はフリンジを含めて計測した数値になります。本体全長は160cmになります。 ※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 (単位: cm)
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤリバーシブルマフラー WA000020 CHARCOAL×RED チャコール基調×ワインレッド カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤリバーシブルマフラー WA000020 CHARCOAL×RED チャコール基調×ワインレッド カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 19,300円


モデルWA000020素材カシミヤ100%生地繊細な起毛感でヌメリのある厚手カシミヤフェルトシーズン秋冬色表面:GREY WITH RED & PURPLE(グレー基調) 裏面:チャコールグレー×レッド模様表面:チェック 裏面:ウィンドーペーン状態新品未使用参考価格32,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ その他のストールはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 伝統と現代のトレンドを融合したカシミヤリバーシブルマフラー「WA000020」男の服はすべて¨英国に還る¨と言われます。いまに続く服飾の基本は英国で生まれ、育まれ、 世界に伝播したという歴史があるからです。みなさんご存知のとおり、昨今のファッション界では クラシック回帰(ファッションの原点回帰)が叫ばれており、大きなトレンドになっています。 この流れはネックウェア業界にも押し寄せてきており、数年前に大流行した派手なストールは すっかり影を潜めてしまいました。それに代わって台頭してきたのが、英国紳士御用達の トラディショナルなネックウェア「マフラー」です。ここ数年はストールばかりでマフラーは 新調していなかったという人は、久々にマフラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。 そこでお勧めなのが、英国王室御用達のジョンストンズが作る『カシミヤマフラー』です。 いかにも英国紳士が好みそうなトラディショナルなフリンジマフラーなのですが、最高級獣毛、 つまり、繊維の宝石と言われるカシミヤ素材を使用することで、英国王室御用達の栄誉に恥じぬ、 大人に相応しい高級感のある仕上がりになっています。最高品質であるのはもちろんのこと、 伝統に現代のトレンドを融合させたテキスタイルデザインも素晴らしく、オンオフ問わず スタイリッシュに身に付けることができます。流行に左右されない定番アイテムなだけに、 ケアさえ怠らなければ、5年、10年と末永く付き合っていくことができます。 紳士用のフリンジマフラーですが、よくある定番のソリッドマフラーではありません。 ロングセラーとして高い人気を誇るWA000020は『リバーシブル(ダブルフェイス)』に なっていることが特徴で、シーズン毎に様々なデザインの新作がリリースされます。 こちらの品は、表面が「チェック」、裏面が「ウィンドーペーン」になっています。 柄×柄の組合せですが、両面とも落ち着いたトーンでまとめられているので、 ランダムに巻いてもごちゃごちゃした感じになりません。その日の気分や着こなしに 合わせてどちらを表面にするか選んでもいいですし、あれこれ考えずに適当に巻いても お洒落に見えてしまう、なんとも面白味のあるリバーシブルマフラーです。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤマフラーは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤマフラーなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 しっかりした厚みがあって型崩れしないダブルフェイスフェルトトップクオリティのカシミヤを原料にした細番手糸を密に織り上げた(平織りにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させた、マフラーの定番フェルトです。 たっぷり原毛が使用されているので、しっかりとした厚みがあることがポイントです。 一般的なカシミヤマフラーとの違いは歴然、手にした瞬間に¨厚みの違い¨に驚きます。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかで、まるで濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 引っ掛け傷や毛玉が起こりにくいフェルトなので、手入れが楽チンなこともポイントです。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Size全長横幅17630※ 全長はフリンジを含めて計測した数値になります。本体全長は160cmになります。 ※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 (単位: cm)
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤリバーシブルマフラー WA000020 GREY WITH RED & PURPLE グレー基調×チャコール カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤリバーシブルマフラー WA000020 GREY WITH RED & PURPLE グレー基調×チャコール カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 19,300円


モデルWA000020素材カシミヤ100%生地繊細な起毛感でヌメリのある厚手カシミヤフェルトシーズン秋冬色表面:GREY(ミディアムグレー) 裏面:RED(レッド)模様表面:無地 裏面:ヘリンボーン状態新品未使用参考価格32,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ その他のストールはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 伝統と現代のトレンドを融合したカシミヤリバーシブルマフラー「WA000020」男の服はすべて¨英国に還る¨と言われます。いまに続く服飾の基本は英国で生まれ、育まれ、 世界に伝播したという歴史があるからです。みなさんご存知のとおり、昨今のファッション界では クラシック回帰(ファッションの原点回帰)が叫ばれており、大きなトレンドになっています。 この流れはネックウェア業界にも押し寄せてきており、数年前に大流行した派手なストールは すっかり影を潜めてしまいました。それに代わって台頭してきたのが、英国紳士御用達の トラディショナルなネックウェア「マフラー」です。ここ数年はストールばかりでマフラーは 新調していなかったという人は、久々にマフラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。 そこでお勧めなのが、英国王室御用達のジョンストンズが作る『カシミヤマフラー』です。 いかにも英国紳士が好みそうなトラディショナルなフリンジマフラーなのですが、最高級獣毛、 つまり、繊維の宝石と言われるカシミヤ素材を使用することで、英国王室御用達の栄誉に恥じぬ、 大人に相応しい高級感のある仕上がりになっています。最高品質であるのはもちろんのこと、 伝統に現代のトレンドを融合させたテキスタイルデザインも素晴らしく、オンオフ問わず スタイリッシュに身に付けることができます。流行に左右されない定番アイテムなだけに、 ケアさえ怠らなければ、5年、10年と末永く付き合っていくことができます。 紳士用のフリンジマフラーですが、よくある定番のソリッドマフラーではありません。 ロングセラーとして高い人気を誇るWA000020は『リバーシブル(ダブルフェイス)』に なっていることが特徴で、シーズン毎に様々なデザインの新作がリリースされます。 こちらの品は、表面が「ソリッドカラー」、裏面が「ヘリンボーン」になっています。 無地×柄の組合せですが、両面とも落ち着いたトーンでまとめられているので、 ランダムに巻いてもごちゃごちゃした感じになりません。その日の気分や着こなしに 合わせてどちらを表面にするか選んでもいいですし、あれこれ考えずに適当に巻いても お洒落に見えてしまう、なんとも面白味のあるリバーシブルマフラーです。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤマフラーは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤマフラーなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 しっかりした厚みがあって型崩れしないダブルフェイスフェルトトップクオリティのカシミヤを原料にした細番手糸を密に織り上げた(平織りにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させた、マフラーの定番フェルトです。 たっぷり原毛が使用されているので、しっかりとした厚みがあることがポイントです。 一般的なカシミヤマフラーとの違いは歴然、手にした瞬間に¨厚みの違い¨に驚きます。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかで、まるで濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 引っ掛け傷や毛玉が起こりにくいフェルトなので、手入れが楽チンなこともポイントです。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Size全長横幅17630※ 全長はフリンジを含めて計測した数値になります。本体全長は160cmになります。 ※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 (単位: cm)
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤリバーシブルマフラー WA000020 GREY×RED ミディアムグレー×レッド カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤリバーシブルマフラー WA000020 GREY×RED ミディアムグレー×レッド カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 19,300円


モデルWA000020素材カシミヤ100%生地繊細な起毛感でヌメリのある厚手カシミヤフェルトシーズン秋冬色表面:NAVY WITH BLUE & TEAL(ネイビー基調) 裏面:ブルーグレー模様表面:ストライプ 裏面:ヘリンボーン状態新品未使用参考価格32,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ その他のストールはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 伝統と現代のトレンドを融合したカシミヤリバーシブルマフラー「WA000020」男の服はすべて¨英国に還る¨と言われます。いまに続く服飾の基本は英国で生まれ、育まれ、 世界に伝播したという歴史があるからです。みなさんご存知のとおり、昨今のファッション界では クラシック回帰(ファッションの原点回帰)が叫ばれており、大きなトレンドになっています。 この流れはネックウェア業界にも押し寄せてきており、数年前に大流行した派手なストールは すっかり影を潜めてしまいました。それに代わって台頭してきたのが、英国紳士御用達の トラディショナルなネックウェア「マフラー」です。ここ数年はストールばかりでマフラーは 新調していなかったという人は、久々にマフラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。 そこでお勧めなのが、英国王室御用達のジョンストンズが作る『カシミヤマフラー』です。 いかにも英国紳士が好みそうなトラディショナルなフリンジマフラーなのですが、最高級獣毛、 つまり、繊維の宝石と言われるカシミヤ素材を使用することで、英国王室御用達の栄誉に恥じぬ、 大人に相応しい高級感のある仕上がりになっています。最高品質であるのはもちろんのこと、 伝統に現代のトレンドを融合させたテキスタイルデザインも素晴らしく、オンオフ問わず スタイリッシュに身に付けることができます。流行に左右されない定番アイテムなだけに、 ケアさえ怠らなければ、5年、10年と末永く付き合っていくことができます。 紳士用のフリンジマフラーですが、よくある定番のソリッドマフラーではありません。 ロングセラーとして高い人気を誇るWA000020は『リバーシブル(ダブルフェイス)』に なっていることが特徴で、シーズン毎に様々なデザインの新作がリリースされます。 こちらの品は、表面が「ストライプ」、裏面が「ヘリンボーン」になっています。 柄×柄の組合せですが、両面とも落ち着いたトーンでまとめられているので、 ランダムに巻いてもごちゃごちゃした感じになりません。その日の気分や着こなしに 合わせてどちらを表面にするか選んでもいいですし、あれこれ考えずに適当に巻いても お洒落に見えてしまう、なんとも面白味のあるリバーシブルマフラーです。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤマフラーは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤマフラーなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 しっかりした厚みがあって型崩れしないダブルフェイスフェルトトップクオリティのカシミヤを原料にした細番手糸を密に織り上げた(平織りにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させた、マフラーの定番フェルトです。 たっぷり原毛が使用されているので、しっかりとした厚みがあることがポイントです。 一般的なカシミヤマフラーとの違いは歴然、手にした瞬間に¨厚みの違い¨に驚きます。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかで、まるで濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 引っ掛け傷や毛玉が起こりにくいフェルトなので、手入れが楽チンなこともポイントです。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Size全長横幅17630※ 全長はフリンジを含めて計測した数値になります。本体全長は160cmになります。 ※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 (単位: cm)
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤリバーシブルマフラー WA000020 NAVY WITH BLUE & TEAL ネイビー基調×ブルーグレー カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤリバーシブルマフラー WA000020 NAVY WITH BLUE & TEAL ネイビー基調×ブルーグレー カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 19,300円


モデルWA000020素材カシミヤ100%生地繊細な起毛感でヌメリのある厚手カシミヤフェルトシーズン秋冬色表面:NAVY WITH DENIM & YELLOW(ネイビー基調) 裏面:DENIM(クラウドブルー)模様表面:チェック 裏面:無地状態新品未使用参考価格32,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ その他のストールはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 伝統と現代のトレンドを融合したカシミヤリバーシブルマフラー「WA000020」男の服はすべて¨英国に還る¨と言われます。いまに続く服飾の基本は英国で生まれ、育まれ、 世界に伝播したという歴史があるからです。みなさんご存知のとおり、昨今のファッション界では クラシック回帰(ファッションの原点回帰)が叫ばれており、大きなトレンドになっています。 この流れはネックウェア業界にも押し寄せてきており、数年前に大流行した派手なストールは すっかり影を潜めてしまいました。それに代わって台頭してきたのが、英国紳士御用達の トラディショナルなネックウェア「マフラー」です。ここ数年はストールばかりでマフラーは 新調していなかったという人は、久々にマフラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。 そこでお勧めなのが、英国王室御用達のジョンストンズが作る『カシミヤマフラー』です。 いかにも英国紳士が好みそうなトラディショナルなフリンジマフラーなのですが、最高級獣毛、 つまり、繊維の宝石と言われるカシミヤ素材を使用することで、英国王室御用達の栄誉に恥じぬ、 大人に相応しい高級感のある仕上がりになっています。最高品質であるのはもちろんのこと、 伝統に現代のトレンドを融合させたテキスタイルデザインも素晴らしく、オンオフ問わず スタイリッシュに身に付けることができます。流行に左右されない定番アイテムなだけに、 ケアさえ怠らなければ、5年、10年と末永く付き合っていくことができます。 紳士用のフリンジマフラーですが、よくある定番のソリッドマフラーではありません。 ロングセラーとして高い人気を誇るWA000020は『リバーシブル(ダブルフェイス)』に なっていることが特徴で、シーズン毎に様々なデザインの新作がリリースされます。 こちらの品は、表面が「チェック」、裏面が「ソリッドカラー」になっています。 柄×無地の組合せですが、両面とも落ち着いたトーンでまとめられているので、 ランダムに巻いてもごちゃごちゃした感じになりません。その日の気分や着こなしに 合わせてどちらを表面にするか選んでもいいですし、あれこれ考えずに適当に巻いても お洒落に見えてしまう、なんとも面白味のあるリバーシブルマフラーです。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤマフラーは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤマフラーなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 しっかりした厚みがあって型崩れしないダブルフェイスフェルトトップクオリティのカシミヤを原料にした細番手糸を密に織り上げた(平織りにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させた、マフラーの定番フェルトです。 たっぷり原毛が使用されているので、しっかりとした厚みがあることがポイントです。 一般的なカシミヤマフラーとの違いは歴然、手にした瞬間に¨厚みの違い¨に驚きます。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかで、まるで濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 引っ掛け傷や毛玉が起こりにくいフェルトなので、手入れが楽チンなこともポイントです。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Size全長横幅17630※ 全長はフリンジを含めて計測した数値になります。本体全長は160cmになります。 ※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 (単位: cm)
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤリバーシブルマフラー WA000020 NAVY×DENIM ネイビー基調×クラウドブルー カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤリバーシブルマフラー WA000020 NAVY×DENIM ネイビー基調×クラウドブルー カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 19,300円


モデルWA000020素材カシミヤ100%生地繊細な起毛感でヌメリのある厚手カシミヤフェルトシーズン秋冬色表面:NAVY(ネイビー) 裏面:GINGER(ジンジャー)模様表面:無地 裏面:ヘリンボーン状態新品未使用参考価格32,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ その他のストールはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 伝統と現代のトレンドを融合したカシミヤリバーシブルマフラー「WA000020」男の服はすべて¨英国に還る¨と言われます。いまに続く服飾の基本は英国で生まれ、育まれ、 世界に伝播したという歴史があるからです。みなさんご存知のとおり、昨今のファッション界では クラシック回帰(ファッションの原点回帰)が叫ばれており、大きなトレンドになっています。 この流れはネックウェア業界にも押し寄せてきており、数年前に大流行した派手なストールは すっかり影を潜めてしまいました。それに代わって台頭してきたのが、英国紳士御用達の トラディショナルなネックウェア「マフラー」です。ここ数年はストールばかりでマフラーは 新調していなかったという人は、久々にマフラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。 そこでお勧めなのが、英国王室御用達のジョンストンズが作る『カシミヤマフラー』です。 いかにも英国紳士が好みそうなトラディショナルなフリンジマフラーなのですが、最高級獣毛、 つまり、繊維の宝石と言われるカシミヤ素材を使用することで、英国王室御用達の栄誉に恥じぬ、 大人に相応しい高級感のある仕上がりになっています。最高品質であるのはもちろんのこと、 伝統に現代のトレンドを融合させたテキスタイルデザインも素晴らしく、オンオフ問わず スタイリッシュに身に付けることができます。流行に左右されない定番アイテムなだけに、 ケアさえ怠らなければ、5年、10年と末永く付き合っていくことができます。 紳士用のフリンジマフラーですが、よくある定番のソリッドマフラーではありません。 ロングセラーとして高い人気を誇るWA000020は『リバーシブル(ダブルフェイス)』に なっていることが特徴で、シーズン毎に様々なデザインの新作がリリースされます。 こちらの品は、表面が「ソリッドカラー」、裏面が「ヘリンボーン」になっています。 無地×柄の組合せですが、両面とも落ち着いたトーンでまとめられているので、 ランダムに巻いてもごちゃごちゃした感じになりません。その日の気分や着こなしに 合わせてどちらを表面にするか選んでもいいですし、あれこれ考えずに適当に巻いても お洒落に見えてしまう、なんとも面白味のあるリバーシブルマフラーです。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤマフラーは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤマフラーなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 しっかりした厚みがあって型崩れしないダブルフェイスフェルトトップクオリティのカシミヤを原料にした細番手糸を密に織り上げた(平織りにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させた、マフラーの定番フェルトです。 たっぷり原毛が使用されているので、しっかりとした厚みがあることがポイントです。 一般的なカシミヤマフラーとの違いは歴然、手にした瞬間に¨厚みの違い¨に驚きます。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかで、まるで濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 引っ掛け傷や毛玉が起こりにくいフェルトなので、手入れが楽チンなこともポイントです。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Size全長横幅17630※ 全長はフリンジを含めて計測した数値になります。本体全長は160cmになります。 ※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 (単位: cm)
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤリバーシブルマフラー WA000020 NAVY×GINGER ネイビー×ジンジャー カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤリバーシブルマフラー WA000020 NAVY×GINGER ネイビー×ジンジャー カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 19,300円


モデルHAE01941素材カシミヤ100%生地繊細な起毛感でヌメリのある両畦編みミドルゲージニットシーズン秋冬色BLACK(ブラック)模様無地状態新品未使用参考価格14,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 大人にこそ相応しい極上カシミヤニットキャップ「HAE01941」マフラーと並んで冬になると欲しくなる服飾小物が『ニットキャップ(ニット帽)』ですよね。 ニットキャップは頭部を寒さから守るだけではなく、着こなしのアクセントとしても活躍します。 最近ではお洒落なファッション小物として人気が定着しており、ピッティ・ウォモに行くと、 お洒落な大人の男性がジャケットスタイルにニットキャップを合わせている姿をよく目にします。 そんなニットキャップの決定版とも言えるのが、英国王室御用達のジョンストンズが作る ESSENTIALS COLLECTION(エッセンシャルズ・コレクション)のロングセラーモデルとして 支持されている『RIBBED HAT(HAE01941)』です。ニットキャップは子供っぽくなるからNG、 こんな意見の人にもこちらの品なら気に入って頂けるはず。最高品質のカシミヤを紡いだ中番手糸を ざっくり編み上げたニットキャップは、カジュアルな雰囲気の中にもエレガンスを感じさせます。 ニットキャップ選びの重要ポイントである「かぶりの深さ」ですが、やや大きめのサイズで かぶりが深く作られているため、自分の顔(頭)に合ったバランスでかぶって頂けます。 伸縮性に優れた両畦編みミドルゲージニットで作られているので、かぶったときにピタッとせず、 「絶妙なゆとりのある大人らしいシルエット」が生まれます。かぶり口を折り返してもいいですし、 ビーニーのように折り返さずにかぶってもお洒落に決まります。さらにはユニセックスなので パートナーとシェアしてもOKです。プレゼントにも喜ばれると思います。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤニットキャップは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤニットキャップなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 厚みがあって型崩れしにくい両畦編みミドルゲージニットトップクオリティのカシミヤを原料にした中番手糸をざっくり編み上げた(両畦編みにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させたミドルゲージニットになります。 たっぷり原毛が使用されているので、しっかりとした厚みがあることがポイントです。 一般的なカシミヤニットキャップとの違いは歴然、手にした瞬間に¨厚みの違い¨に驚きます。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかで、まるで濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 密に編まれているため、やわらかいのにやわらかすぎず、型崩れしにくいことも魅力です。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Sizeサイズ縦幅横幅FREE約 20約 24※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 ※ 縦幅(高さ)はかぶり口を約5cm折り返して計測した数値になります。 ※ 伸縮性があるので頭の大きい人でも問題なく使用できます。 ※ ニット製品のためサイズに若干のバラつきがあります。予めご了承下さい。 (単位: cm) ▼ 同素材のニットマフラーはこちら!
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤ両畦編みニットキャップ HAE01941 BLACK ブラック カシミア マフラー ストール ニット帽 ビーニー あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤ両畦編みニットキャップ HAE01941 BLACK ブラック カシミア マフラー ストール ニット帽 ビーニー あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 8,800円


モデルHAE01941素材カシミヤ100%生地繊細な起毛感でヌメリのある両畦編みミドルゲージニットシーズン秋冬色DRIFTWOOD(ライトブラウン)模様無地状態新品未使用参考価格14,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 大人にこそ相応しい極上カシミヤニットキャップ「HAE01941」マフラーと並んで冬になると欲しくなる服飾小物が『ニットキャップ(ニット帽)』ですよね。 ニットキャップは頭部を寒さから守るだけではなく、着こなしのアクセントとしても活躍します。 最近ではお洒落なファッション小物として人気が定着しており、ピッティ・ウォモに行くと、 お洒落な大人の男性がジャケットスタイルにニットキャップを合わせている姿をよく目にします。 そんなニットキャップの決定版とも言えるのが、英国王室御用達のジョンストンズが作る ESSENTIALS COLLECTION(エッセンシャルズ・コレクション)のロングセラーモデルとして 支持されている『RIBBED HAT(HAE01941)』です。ニットキャップは子供っぽくなるからNG、 こんな意見の人にもこちらの品なら気に入って頂けるはず。最高品質のカシミヤを紡いだ中番手糸を ざっくり編み上げたニットキャップは、カジュアルな雰囲気の中にもエレガンスを感じさせます。 ニットキャップ選びの重要ポイントである「かぶりの深さ」ですが、やや大きめのサイズで かぶりが深く作られているため、自分の顔(頭)に合ったバランスでかぶって頂けます。 伸縮性に優れた両畦編みミドルゲージニットで作られているので、かぶったときにピタッとせず、 「絶妙なゆとりのある大人らしいシルエット」が生まれます。かぶり口を折り返してもいいですし、 ビーニーのように折り返さずにかぶってもお洒落に決まります。さらにはユニセックスなので パートナーとシェアしてもOKです。プレゼントにも喜ばれると思います。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤニットキャップは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤニットキャップなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 厚みがあって型崩れしにくい両畦編みミドルゲージニットトップクオリティのカシミヤを原料にした中番手糸をざっくり編み上げた(両畦編みにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させたミドルゲージニットになります。 たっぷり原毛が使用されているので、しっかりとした厚みがあることがポイントです。 一般的なカシミヤニットキャップとの違いは歴然、手にした瞬間に¨厚みの違い¨に驚きます。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかで、まるで濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 密に編まれているため、やわらかいのにやわらかすぎず、型崩れしにくいことも魅力です。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Sizeサイズ縦幅横幅FREE約 20約 24※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 ※ 縦幅(高さ)はかぶり口を約5cm折り返して計測した数値になります。 ※ 伸縮性があるので頭の大きい人でも問題なく使用できます。 ※ ニット製品のためサイズに若干のバラつきがあります。予めご了承下さい。 (単位: cm) ▼ 同素材のニットマフラーはこちら!
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤ両畦編みニットキャップ HAE01941 DRIFTWOOD ライトブラウン カシミア マフラー ストール ニット帽 ビーニー あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤ両畦編みニットキャップ HAE01941 DRIFTWOOD ライトブラウン カシミア マフラー ストール ニット帽 ビーニー あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 8,800円


モデルHAE01941素材カシミヤ100%生地繊細な起毛感でヌメリのある両畦編みミドルゲージニットシーズン秋冬色JEAN(クラウドブルー)模様無地状態新品未使用参考価格14,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 大人にこそ相応しい極上カシミヤニットキャップ「HAE01941」マフラーと並んで冬になると欲しくなる服飾小物が『ニットキャップ(ニット帽)』ですよね。 ニットキャップは頭部を寒さから守るだけではなく、着こなしのアクセントとしても活躍します。 最近ではお洒落なファッション小物として人気が定着しており、ピッティ・ウォモに行くと、 お洒落な大人の男性がジャケットスタイルにニットキャップを合わせている姿をよく目にします。 そんなニットキャップの決定版とも言えるのが、英国王室御用達のジョンストンズが作る ESSENTIALS COLLECTION(エッセンシャルズ・コレクション)のロングセラーモデルとして 支持されている『RIBBED HAT(HAE01941)』です。ニットキャップは子供っぽくなるからNG、 こんな意見の人にもこちらの品なら気に入って頂けるはず。最高品質のカシミヤを紡いだ中番手糸を ざっくり編み上げたニットキャップは、カジュアルな雰囲気の中にもエレガンスを感じさせます。 ニットキャップ選びの重要ポイントである「かぶりの深さ」ですが、やや大きめのサイズで かぶりが深く作られているため、自分の顔(頭)に合ったバランスでかぶって頂けます。 伸縮性に優れた両畦編みミドルゲージニットで作られているので、かぶったときにピタッとせず、 「絶妙なゆとりのある大人らしいシルエット」が生まれます。かぶり口を折り返してもいいですし、 ビーニーのように折り返さずにかぶってもお洒落に決まります。さらにはユニセックスなので パートナーとシェアしてもOKです。プレゼントにも喜ばれると思います。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤニットキャップは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤニットキャップなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 厚みがあって型崩れしにくい両畦編みミドルゲージニットトップクオリティのカシミヤを原料にした中番手糸をざっくり編み上げた(両畦編みにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させたミドルゲージニットになります。 たっぷり原毛が使用されているので、しっかりとした厚みがあることがポイントです。 一般的なカシミヤニットキャップとの違いは歴然、手にした瞬間に¨厚みの違い¨に驚きます。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかで、まるで濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 密に編まれているため、やわらかいのにやわらかすぎず、型崩れしにくいことも魅力です。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Sizeサイズ縦幅横幅FREE約 20約 24※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 ※ 縦幅(高さ)はかぶり口を約5cm折り返して計測した数値になります。 ※ 伸縮性があるので頭の大きい人でも問題なく使用できます。 ※ ニット製品のためサイズに若干のバラつきがあります。予めご了承下さい。 (単位: cm) ▼ 同素材のニットマフラーはこちら!
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤ両畦編みニットキャップ HAE01941 JEAN クラウドブルー カシミア マフラー ストール ニット帽 ビーニー あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤ両畦編みニットキャップ HAE01941 JEAN クラウドブルー カシミア マフラー ストール ニット帽 ビーニー あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 8,800円


モデルHAE01941素材カシミヤ100%生地繊細な起毛感でヌメリのある両畦編みミドルゲージニットシーズン秋冬色LIGHT GREY(ライトグレー)模様無地状態新品未使用参考価格14,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 大人にこそ相応しい極上カシミヤニットキャップ「HAE01941」マフラーと並んで冬になると欲しくなる服飾小物が『ニットキャップ(ニット帽)』ですよね。 ニットキャップは頭部を寒さから守るだけではなく、着こなしのアクセントとしても活躍します。 最近ではお洒落なファッション小物として人気が定着しており、ピッティ・ウォモに行くと、 お洒落な大人の男性がジャケットスタイルにニットキャップを合わせている姿をよく目にします。 そんなニットキャップの決定版とも言えるのが、英国王室御用達のジョンストンズが作る ESSENTIALS COLLECTION(エッセンシャルズ・コレクション)のロングセラーモデルとして 支持されている『RIBBED HAT(HAE01941)』です。ニットキャップは子供っぽくなるからNG、 こんな意見の人にもこちらの品なら気に入って頂けるはず。最高品質のカシミヤを紡いだ中番手糸を ざっくり編み上げたニットキャップは、カジュアルな雰囲気の中にもエレガンスを感じさせます。 ニットキャップ選びの重要ポイントである「かぶりの深さ」ですが、やや大きめのサイズで かぶりが深く作られているため、自分の顔(頭)に合ったバランスでかぶって頂けます。 伸縮性に優れた両畦編みミドルゲージニットで作られているので、かぶったときにピタッとせず、 「絶妙なゆとりのある大人らしいシルエット」が生まれます。かぶり口を折り返してもいいですし、 ビーニーのように折り返さずにかぶってもお洒落に決まります。さらにはユニセックスなので パートナーとシェアしてもOKです。プレゼントにも喜ばれると思います。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤニットキャップは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤニットキャップなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 厚みがあって型崩れしにくい両畦編みミドルゲージニットトップクオリティのカシミヤを原料にした中番手糸をざっくり編み上げた(両畦編みにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させたミドルゲージニットになります。 たっぷり原毛が使用されているので、しっかりとした厚みがあることがポイントです。 一般的なカシミヤニットキャップとの違いは歴然、手にした瞬間に¨厚みの違い¨に驚きます。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかで、まるで濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 密に編まれているため、やわらかいのにやわらかすぎず、型崩れしにくいことも魅力です。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Sizeサイズ縦幅横幅FREE約 20約 24※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 ※ 縦幅(高さ)はかぶり口を約5cm折り返して計測した数値になります。 ※ 伸縮性があるので頭の大きい人でも問題なく使用できます。 ※ ニット製品のためサイズに若干のバラつきがあります。予めご了承下さい。 (単位: cm) ▼ 同素材のニットマフラーはこちら!
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤ両畦編みニットキャップ HAE01941 LIGHT GREY ライトグレー カシミア マフラー ストール ニット帽 ビーニー あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤ両畦編みニットキャップ HAE01941 LIGHT GREY ライトグレー カシミア マフラー ストール ニット帽 ビーニー あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 8,800円


モデルHAE01941素材カシミヤ100%生地繊細な起毛感でヌメリのある両畦編みミドルゲージニットシーズン秋冬色MID GREY(ミディアムグレー)模様無地状態新品未使用参考価格14,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 大人にこそ相応しい極上カシミヤニットキャップ「HAE01941」マフラーと並んで冬になると欲しくなる服飾小物が『ニットキャップ(ニット帽)』ですよね。 ニットキャップは頭部を寒さから守るだけではなく、着こなしのアクセントとしても活躍します。 最近ではお洒落なファッション小物として人気が定着しており、ピッティ・ウォモに行くと、 お洒落な大人の男性がジャケットスタイルにニットキャップを合わせている姿をよく目にします。 そんなニットキャップの決定版とも言えるのが、英国王室御用達のジョンストンズが作る ESSENTIALS COLLECTION(エッセンシャルズ・コレクション)のロングセラーモデルとして 支持されている『RIBBED HAT(HAE01941)』です。ニットキャップは子供っぽくなるからNG、 こんな意見の人にもこちらの品なら気に入って頂けるはず。最高品質のカシミヤを紡いだ中番手糸を ざっくり編み上げたニットキャップは、カジュアルな雰囲気の中にもエレガンスを感じさせます。 ニットキャップ選びの重要ポイントである「かぶりの深さ」ですが、やや大きめのサイズで かぶりが深く作られているため、自分の顔(頭)に合ったバランスでかぶって頂けます。 伸縮性に優れた両畦編みミドルゲージニットで作られているので、かぶったときにピタッとせず、 「絶妙なゆとりのある大人らしいシルエット」が生まれます。かぶり口を折り返してもいいですし、 ビーニーのように折り返さずにかぶってもお洒落に決まります。さらにはユニセックスなので パートナーとシェアしてもOKです。プレゼントにも喜ばれると思います。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤニットキャップは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤニットキャップなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 厚みがあって型崩れしにくい両畦編みミドルゲージニットトップクオリティのカシミヤを原料にした中番手糸をざっくり編み上げた(両畦編みにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させたミドルゲージニットになります。 たっぷり原毛が使用されているので、しっかりとした厚みがあることがポイントです。 一般的なカシミヤニットキャップとの違いは歴然、手にした瞬間に¨厚みの違い¨に驚きます。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかで、まるで濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 密に編まれているため、やわらかいのにやわらかすぎず、型崩れしにくいことも魅力です。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Sizeサイズ縦幅横幅FREE約 20約 24※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 ※ 縦幅(高さ)はかぶり口を約5cm折り返して計測した数値になります。 ※ 伸縮性があるので頭の大きい人でも問題なく使用できます。 ※ ニット製品のためサイズに若干のバラつきがあります。予めご了承下さい。 (単位: cm) ▼ 同素材のニットマフラーはこちら!
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤ両畦編みニットキャップ HAE01941 MID GREY ミディアムグレー カシミア マフラー ストール ニット帽 ビーニー あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤ両畦編みニットキャップ HAE01941 MID GREY ミディアムグレー カシミア マフラー ストール ニット帽 ビーニー あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 8,800円


モデルHAE01941素材カシミヤ100%生地繊細な起毛感でヌメリのある両畦編みミドルゲージニットシーズン秋冬色NAVY(ネイビー)模様無地状態新品未使用参考価格14,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 大人にこそ相応しい極上カシミヤニットキャップ「HAE01941」マフラーと並んで冬になると欲しくなる服飾小物が『ニットキャップ(ニット帽)』ですよね。 ニットキャップは頭部を寒さから守るだけではなく、着こなしのアクセントとしても活躍します。 最近ではお洒落なファッション小物として人気が定着しており、ピッティ・ウォモに行くと、 お洒落な大人の男性がジャケットスタイルにニットキャップを合わせている姿をよく目にします。 そんなニットキャップの決定版とも言えるのが、英国王室御用達のジョンストンズが作る ESSENTIALS COLLECTION(エッセンシャルズ・コレクション)のロングセラーモデルとして 支持されている『RIBBED HAT(HAE01941)』です。ニットキャップは子供っぽくなるからNG、 こんな意見の人にもこちらの品なら気に入って頂けるはず。最高品質のカシミヤを紡いだ中番手糸を ざっくり編み上げたニットキャップは、カジュアルな雰囲気の中にもエレガンスを感じさせます。 ニットキャップ選びの重要ポイントである「かぶりの深さ」ですが、やや大きめのサイズで かぶりが深く作られているため、自分の顔(頭)に合ったバランスでかぶって頂けます。 伸縮性に優れた両畦編みミドルゲージニットで作られているので、かぶったときにピタッとせず、 「絶妙なゆとりのある大人らしいシルエット」が生まれます。かぶり口を折り返してもいいですし、 ビーニーのように折り返さずにかぶってもお洒落に決まります。さらにはユニセックスなので パートナーとシェアしてもOKです。プレゼントにも喜ばれると思います。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤニットキャップは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤニットキャップなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 厚みがあって型崩れしにくい両畦編みミドルゲージニットトップクオリティのカシミヤを原料にした中番手糸をざっくり編み上げた(両畦編みにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させたミドルゲージニットになります。 たっぷり原毛が使用されているので、しっかりとした厚みがあることがポイントです。 一般的なカシミヤニットキャップとの違いは歴然、手にした瞬間に¨厚みの違い¨に驚きます。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかで、まるで濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 密に編まれているため、やわらかいのにやわらかすぎず、型崩れしにくいことも魅力です。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Sizeサイズ縦幅横幅FREE約 20約 24※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 ※ 縦幅(高さ)はかぶり口を約5cm折り返して計測した数値になります。 ※ 伸縮性があるので頭の大きい人でも問題なく使用できます。 ※ ニット製品のためサイズに若干のバラつきがあります。予めご了承下さい。 (単位: cm) ▼ 同素材のニットマフラーはこちら!
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤ両畦編みニットキャップ HAE01941 NAVY ネイビー カシミア マフラー ストール ニット帽 ビーニー あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤ両畦編みニットキャップ HAE01941 NAVY ネイビー カシミア マフラー ストール ニット帽 ビーニー あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 8,800円


モデルHAE01941素材カシミヤ100%生地繊細な起毛感でヌメリのある両畦編みミドルゲージニットシーズン秋冬色SWANSDOWN(ライトベージュ)模様無地状態新品未使用参考価格14,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 大人にこそ相応しい極上カシミヤニットキャップ「HAE01941」マフラーと並んで冬になると欲しくなる服飾小物が『ニットキャップ(ニット帽)』ですよね。 ニットキャップは頭部を寒さから守るだけではなく、着こなしのアクセントとしても活躍します。 最近ではお洒落なファッション小物として人気が定着しており、ピッティ・ウォモに行くと、 お洒落な大人の男性がジャケットスタイルにニットキャップを合わせている姿をよく目にします。 そんなニットキャップの決定版とも言えるのが、英国王室御用達のジョンストンズが作る ESSENTIALS COLLECTION(エッセンシャルズ・コレクション)のロングセラーモデルとして 支持されている『RIBBED HAT(HAE01941)』です。ニットキャップは子供っぽくなるからNG、 こんな意見の人にもこちらの品なら気に入って頂けるはず。最高品質のカシミヤを紡いだ中番手糸を ざっくり編み上げたニットキャップは、カジュアルな雰囲気の中にもエレガンスを感じさせます。 ニットキャップ選びの重要ポイントである「かぶりの深さ」ですが、やや大きめのサイズで かぶりが深く作られているため、自分の顔(頭)に合ったバランスでかぶって頂けます。 伸縮性に優れた両畦編みミドルゲージニットで作られているので、かぶったときにピタッとせず、 「絶妙なゆとりのある大人らしいシルエット」が生まれます。かぶり口を折り返してもいいですし、 ビーニーのように折り返さずにかぶってもお洒落に決まります。さらにはユニセックスなので パートナーとシェアしてもOKです。プレゼントにも喜ばれると思います。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤニットキャップは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤニットキャップなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 厚みがあって型崩れしにくい両畦編みミドルゲージニットトップクオリティのカシミヤを原料にした中番手糸をざっくり編み上げた(両畦編みにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させたミドルゲージニットになります。 たっぷり原毛が使用されているので、しっかりとした厚みがあることがポイントです。 一般的なカシミヤニットキャップとの違いは歴然、手にした瞬間に¨厚みの違い¨に驚きます。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかで、まるで濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 密に編まれているため、やわらかいのにやわらかすぎず、型崩れしにくいことも魅力です。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Sizeサイズ縦幅横幅FREE約 20約 24※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 ※ 縦幅(高さ)はかぶり口を約5cm折り返して計測した数値になります。 ※ 伸縮性があるので頭の大きい人でも問題なく使用できます。 ※ ニット製品のためサイズに若干のバラつきがあります。予めご了承下さい。 (単位: cm) ▼ 同素材のニットマフラーはこちら!
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤ両畦編みニットキャップ HAE01941 SWANSDOWN ライトベージュ カシミア マフラー ストール ニット帽 ビーニー あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤ両畦編みニットキャップ HAE01941 SWANSDOWN ライトベージュ カシミア マフラー ストール ニット帽 ビーニー あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 8,800円


モデルHAA01684素材カシミヤ100%生地繊細な起毛感でヌメリのある両畦編みミドルゲージニットシーズン秋冬色BLACK(ブラック)模様無地状態新品未使用参考価格29,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ その他のストールはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 大人にこそ相応しい極上カシミヤニットマフラー「HAA01684」男の服はすべて¨英国に還る¨と言われます。いまに続く服飾の基本は英国で生まれ、育まれ、 世界に伝播したという歴史があるからです。みなさんご存知のとおり、昨今のファッション界では クラシック回帰(ファッションの原点回帰)が叫ばれており、大きなトレンドになっています。 この流れはネックウェア業界にも押し寄せてきており、数年前に大流行した派手なストールは すっかり影を潜めてしまいました。それに代わって台頭してきたのが、英国紳士御用達の トラディショナルなネックウェア「マフラー」です。ここ数年はストールばかりでマフラーは 新調していなかったという人は、久々にマフラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。 ご紹介するのは、ESSENTIALS COLLECTION(エッセンシャルズ・コレクション)の ロングセラーモデルとして支持されている『RIBBED SCARF(HAA01684)』になります。 最高品質のカシミヤを紡いだ中番手糸をざっくり編み上げた両畦編みのニットマフラーは、 カジュアルな雰囲気の中にもエレガンスを感じさせます。布帛のマフラーやストールにはない 優しいイメージで、首まわりに絶妙なボリューム感を出せることがニットマフラーの魅力。 こちらのモデルは両畦編みなので必要以上に膨張せず、すっきり見えることがポイントです。 カジュアルはもちろんスーツスタイルにもばっちり合うのでオンオフ問わず大活躍してくれます。 ユニセックスなのでパートナーとシェアしてもOKです。プレゼントにも喜ばれると思います。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤマフラーは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤマフラーなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 厚みがあって型崩れしにくい両畦編みミドルゲージニットトップクオリティのカシミヤを原料にした中番手糸をざっくり編み上げた(両畦編みにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させたミドルゲージニットになります。 たっぷり原毛が使用されているので、しっかりとした厚みがあることがポイントです。 一般的なカシミヤマフラーとの違いは歴然、手にした瞬間に¨厚みの違い¨に驚きます。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかで、まるで濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 密に編まれているため、やわらかいのにやわらかすぎず、型崩れしにくいことも魅力です。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Size全長横幅16526※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 ※ ニット製品のためサイズに若干のバラつきがあります。予めご了承下さい。 (単位: cm) ▼ 同素材のニットキャップはこちら!
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤ両畦編みニットマフラー HAA01684 BLACK ブラック カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤ両畦編みニットマフラー HAA01684 BLACK ブラック カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 17,400円


モデルHAA01684素材カシミヤ100%生地繊細な起毛感でヌメリのある両畦編みミドルゲージニットシーズン秋冬色DRIFTWOOD(ライトブラウン)模様無地状態新品未使用参考価格29,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ その他のストールはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 大人にこそ相応しい極上カシミヤニットマフラー「HAA01684」男の服はすべて¨英国に還る¨と言われます。いまに続く服飾の基本は英国で生まれ、育まれ、 世界に伝播したという歴史があるからです。みなさんご存知のとおり、昨今のファッション界では クラシック回帰(ファッションの原点回帰)が叫ばれており、大きなトレンドになっています。 この流れはネックウェア業界にも押し寄せてきており、数年前に大流行した派手なストールは すっかり影を潜めてしまいました。それに代わって台頭してきたのが、英国紳士御用達の トラディショナルなネックウェア「マフラー」です。ここ数年はストールばかりでマフラーは 新調していなかったという人は、久々にマフラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。 ご紹介するのは、ESSENTIALS COLLECTION(エッセンシャルズ・コレクション)の ロングセラーモデルとして支持されている『RIBBED SCARF(HAA01684)』になります。 最高品質のカシミヤを紡いだ中番手糸をざっくり編み上げた両畦編みのニットマフラーは、 カジュアルな雰囲気の中にもエレガンスを感じさせます。布帛のマフラーやストールにはない 優しいイメージで、首まわりに絶妙なボリューム感を出せることがニットマフラーの魅力。 こちらのモデルは両畦編みなので必要以上に膨張せず、すっきり見えることがポイントです。 カジュアルはもちろんスーツスタイルにもばっちり合うのでオンオフ問わず大活躍してくれます。 ユニセックスなのでパートナーとシェアしてもOKです。プレゼントにも喜ばれると思います。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤマフラーは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤマフラーなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 厚みがあって型崩れしにくい両畦編みミドルゲージニットトップクオリティのカシミヤを原料にした中番手糸をざっくり編み上げた(両畦編みにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させたミドルゲージニットになります。 たっぷり原毛が使用されているので、しっかりとした厚みがあることがポイントです。 一般的なカシミヤマフラーとの違いは歴然、手にした瞬間に¨厚みの違い¨に驚きます。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかで、まるで濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 密に編まれているため、やわらかいのにやわらかすぎず、型崩れしにくいことも魅力です。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Size全長横幅16526※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 ※ ニット製品のためサイズに若干のバラつきがあります。予めご了承下さい。 (単位: cm) ▼ 同素材のニットキャップはこちら!
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤ両畦編みニットマフラー HAA01684 DRIFTWOOD ライトブラウン カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証

ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤ両畦編みニットマフラー HAA01684 DRIFTWOOD ライトブラウン カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証 —— 17,400円


モデルHAA01684素材カシミヤ100%生地繊細な起毛感でヌメリのある両畦編みミドルゲージニットシーズン秋冬色JEAN(クラウドブルー)模様無地状態新品未使用参考価格29,000円+消費税付属品ブランドタグ製造国made in SCOTLANDジョンストンズの他のアイテムはこちら→ その他のストールはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 英国王室御用達の称号を授けられた最高級テキスタイルメーカー1797年、スコットランドの北東に位置するエルガンで創業した『Johnstons(ジョンストンズ)』。 英国を代表する現存する最も古いテキスタイルメーカーのひとつであるジョンストンズ社は、 200年以上にわたってジョンストンズ家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、 カシミヤやビキューナ、メリノウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、 スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。「最高のモノのみがすべて」という 経営理念に基づき、現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで、 約30もの工程を自社工場で行っており、その製品の素晴らしさは世界中で広く知られています。 英国の自社工場で一貫生産されるカシミヤ製品に定評があり、オリジナルブランドの他にも、 エルメス、シャネル、バーバリー等、世界のトップブランドの製品を手掛けてきました。 2013年には、チャールズ皇太子よりロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授けられた ことからも分かるように、200年以上の歴史と伝統に裏付けされた確かな品質を誇ります。 大人にこそ相応しい極上カシミヤニットマフラー「HAA01684」男の服はすべて¨英国に還る¨と言われます。いまに続く服飾の基本は英国で生まれ、育まれ、 世界に伝播したという歴史があるからです。みなさんご存知のとおり、昨今のファッション界では クラシック回帰(ファッションの原点回帰)が叫ばれており、大きなトレンドになっています。 この流れはネックウェア業界にも押し寄せてきており、数年前に大流行した派手なストールは すっかり影を潜めてしまいました。それに代わって台頭してきたのが、英国紳士御用達の トラディショナルなネックウェア「マフラー」です。ここ数年はストールばかりでマフラーは 新調していなかったという人は、久々にマフラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。 ご紹介するのは、ESSENTIALS COLLECTION(エッセンシャルズ・コレクション)の ロングセラーモデルとして支持されている『RIBBED SCARF(HAA01684)』になります。 最高品質のカシミヤを紡いだ中番手糸をざっくり編み上げた両畦編みのニットマフラーは、 カジュアルな雰囲気の中にもエレガンスを感じさせます。布帛のマフラーやストールにはない 優しいイメージで、首まわりに絶妙なボリューム感を出せることがニットマフラーの魅力。 こちらのモデルは両畦編みなので必要以上に膨張せず、すっきり見えることがポイントです。 カジュアルはもちろんスーツスタイルにもばっちり合うのでオンオフ問わず大活躍してくれます。 ユニセックスなのでパートナーとシェアしてもOKです。プレゼントにも喜ばれると思います。 最高の暖かさと肌触りを約束してくれる「本物の」カシミヤです!余談ですが、「本物の」カシミヤマフラーは、実際のところあまり出回っていません。 そもそもカシミヤは、世界における年間生産量500万キログラムに止まると言われています。 これに対してカシミヤ製品の流通量は約4倍。単純計算では4分の3が偽物ということになります。 カシミヤ製品の偽装が問題になったことは記憶に新しいです。粗悪なカシミヤ(ウールを混ぜた偽物の カシミヤ)が出回る理由は、ほとんどの原毛が中国国内で糸に加工されるからだと言われています。 その点、ジョンストンズのカシミヤマフラーなら安心です。なぜなら、直接原毛を買い付け、 染色、紡績、織り、仕上げまで、すべての工程を英国の自社工場で行っているのですから。 一般的に世界で最も高級素材とされるカシミヤは、ローマ帝国においてエリート政治指導者のみが 着用を許された歴史的にも高く評価された素材です。カシミヤは毎年春に手作業によって櫛で梳かれ、 カシミヤ山羊1頭から約125グラムの下毛が採取されます。マフラーを製造するとまるまる1頭分、 紳士セーターで3~4頭分、コートには少なくとも24頭分の下毛が必要になります。 カシミヤ山羊の下毛の直径はミクロンにて計測されます。その太さは13~15ミクロンです。 繊度を表すSuperで表すと190~210’sになります。この驚異的に細い原毛を紡績にて撚糸する際、 何千もの極めて小さいエアーポケットが形成されます。これが他の繊維を凌ぐ保温効果を生み出します。 また、繊維が細いため、繊細な肌触り(滑らかな肌触り)で、美しい光沢があることも特徴です。 厚みがあって型崩れしにくい両畦編みミドルゲージニットトップクオリティのカシミヤを原料にした中番手糸をざっくり編み上げた(両畦編みにした)後、 昔ながらのアザミ起毛機で表面をふっくらと起毛させたミドルゲージニットになります。 たっぷり原毛が使用されているので、しっかりとした厚みがあることがポイントです。 一般的なカシミヤマフラーとの違いは歴然、手にした瞬間に¨厚みの違い¨に驚きます。 言うまでもなく肌触りは極上です。びっくりするくらい滑らかで、まるで濡れているかのように しっとりしているので超敏感肌の人でも安心です。これで満足できない人はいないと思います。 密に編まれているため、やわらかいのにやわらかすぎず、型崩れしにくいことも魅力です。 ジョンストンズでは、(カシミヤ製品のみ)アザミの実を使用した起毛機を使用しています。 これによってカシミヤ独特の流れるような起毛と、よりしなやかな風合いを生み出しています。 アザミの実を使用する技術は創業当時とまったく変わらないもので、技術革新が進む現在においても これに代わる物は見つけることができないと言います。実物を手にしたら、その滑らかな肌触り、 そしてしなやかな風合いの虜になります。エルメスやシャネルが惚れ込むだけのことはあります。 サイズ表Size全長横幅16526※ 商品を平らに置いた状態で計測した数値になります。若干の誤差はご了承下さい。 ※ ニット製品のためサイズに若干のバラつきがあります。予めご了承下さい。 (単位: cm) ▼ 同素材のニットキャップはこちら!
ジョンストンズ Johnstons 16-17AW カシミヤ両畦編みニットマフラー HAA01684 JEAN クラウドブルー カシミア マフラー ストール ニットキャップ 大判 あす楽対応_ 定番,品質保証
Copyright © 2018 pakmailschaumburg.com. All rights reserved.